洒落怖一覧

【洒落怖】百物語・三十一本目 父と、母と、苦笑い:百物語本スレ【怪宴】

私の父は約10年前、肺がんで亡くなっています。  父が病院で容態が急変し、意識がなくなる直前 

記事を読む

【洒落怖】百物語・三十本目 池畔の電話ボックス:百物語本スレ【怪宴】

あれは5年前の、お盆を過ぎた頃でしょうか。  私は大学のサークルの合宿で、とある山奥のバンガローに来ておりました。  丁度そばに大きな池を望み、10棟ほどあるバンガローのうち2棟ほどを借りて。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・二十九本目 黒猫:百物語本スレ【怪宴】

私が小学生のとき通っていた剣道クラブの友人A君の話です。  A君は練習場に向かうとき、いつも使っている近道がありました。  それは大きいお寺の横にある墓地内の細い道を通り抜けて、その先のT字路を渡る、というルートでした 

記事を読む

【洒落怖】百物語・二十八本目 受付嬢の話:百物語本スレ【怪宴】

知り合いに、あるデパートで働いている女性がいる。  彼女は今年の夏、働いているデパートで催されたお化け屋敷の受け付けに抜擢された。  そのお化け屋敷と言うのは、有名なお化け屋敷デザイナーが考えたものらしく、毎年色々なところで開かれているものらしい。

記事を読む

【洒落怖】百物語・二十七本目 体験談のその後:百物語本スレ【怪宴】

実は最近、あの場所で『事件』が起きたのです。  始まりは去年の年末から年始にかけて。  それまで、あの自殺があってから特別霊的なことは起きていなかったのですが  雪が降るようになってから不思議な話が出てきたのです。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・二十六本目 カツラ:百物語本スレ【怪宴】

大学生の時分、彼は警備会社でバイトをしていた。  あるデパートで物産展の警備に駆り出された時のこと。  彼の持ち場にの近い仮設厨房で、小さな騒ぎが持ち上がった。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・二十五本目 ハブが来た:百物語本スレ【怪宴】

帰省したのち、親戚一同が集った夜のこと。 わたくしに振られる話題と言えば「お仕事はどう?」だの「嫁こはまだか?」だの。 お得意の営業酒をしながら、ああ息苦しいと喫煙のために席を外しました。

記事を読む

【洒落怖】百物語・二十四本目 実習先の病院の話:百物語本スレ【怪宴】

看護学校って、看護師の資格を取る為にもちろん座学もあるし、二年次になると本格的な実習もあるわけよ。 いくつかの病院回って一週間ずつくらい実技実習するんだけど、当然生徒の指導をするために教師も行くわけ。

記事を読む

【洒落怖】百物語・二十三本目 七夕祭りの噂:百物語本スレ【怪宴】

母親の実家のある山深い村落で、毎年夏祭りがある。 幕末から百数十年続くもので、毎年決まって梅雨の時期に開催されることもあって、 宵祭りか本祭り2日間のうちどちらかに必ず雨が降る。

記事を読む

【洒落怖】百物語・二十二本目 A姉妹:百物語本スレ【怪宴】

まず玄関がノックされる。 A弟の声で「お姉ちゃん開けて」と言う。 それはA弟ではないので開けてはいけない。 暫くほっといたらいなくなる。

記事を読む

スポンサーリンク