【洒落怖】百物語・七本目 しっかり者の祖母:百物語本スレ【怪宴】

24: 代理投稿 ◆ztxSLaq9Ok 2012/08/18(土) 21:32:23.54 ID:YriqamUu0

雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ  『しっかり者の祖母』

(1/2)

友人の話。

実家の祖母が急○した。
慌てて帰郷し、何とか通夜には間に合った。
一息つく間もなく、翌日の葬儀の準備を手伝わされたという。

葬儀社との打ち合わせを終え、湯呑みを掻き集めていた母の手伝いに向かう。
先に話した折、湯呑みの数が足らないと頭を抱えていたからだ。
「お母さーん・・・ってあれ?」
意外にも、母はきちんと湯呑みを揃えていた。
食堂の大机の上に、柄の揃った湯呑みが丁寧に並べられている。
なぜか母はその前で、呆けたように座っていた。

「よくこれだけ同じ柄の物を集められたね」
労って声を掛けると、母は首をふるふると振った。

「お義母さんがね、お義母さんがね、蔵から出してくれたの」

何を言っているのか、まったくわからない。
母がお義母さんと呼んでいたのは○んだ祖母だけだ。
祖母は今、通夜が開かれた広間でそのまま安置されている。

「湯呑みが足りなくてね、お隣さんから借り集めようかと思案していたら、
ガラッと戸が開いて、お義母さんが、お義母さんが入ってきたの。
びっくりして声を掛けたのだけど、何の反応もなくて、奥の方へスーッと。
貴女たちは打ち合わせでいなかったから、慌てて私一人で追いかけたのね。
そうしたらお義母さん、蔵に入って隅の方から箱を引っ張り出したの。
中をあらためると、この揃いの湯呑みがね、入っていたの」

引用元: ・【8月18日】百物語本スレ【怪宴】

25: 代理投稿 ◆ztxSLaq9Ok 2012/08/18(土) 21:32:57.39 ID:YriqamUu0

(2/2)
「・・・お祖母ちゃんは?」
「箱の中身を調べている内にね、いつの間にかいなくなっちゃったの」
遺体の様子を見に行くから一緒に広間に行ってくれないか、そう母は頼んできた。

二人して恐る恐る、広間に足を踏み入れた。
何もおかしいところはなかった。
ただ、閉められていた筈のお棺の蓋が、半分ほど開いていた。

「自分の葬儀の準備まで手伝っていくなんて、しっかり者のお袋らしいや」
父は平然とそう述べただけだった。
葬儀は何事もなくしめやかに行われた。

祖母が棺から起き上がるのではないかと、彼女は葬儀の間中ドキドキしていたが、
そのようなことはなかった。
少しホッとして、そして同時に、少し寂しかったという。

【了】

26: 動画 ◆ElPl8xGQc2 2012/08/18(土) 21:33:20.53 ID:9cScHy9v0

七本目の蝋燭が消えました・・・
雷鳥一号◆zE.wmw4nYQさん、ありがとうございました
γ

_ノ


__
,、'”   .  `’ 、
i`ー  _    ’,
.             l| !|      i””!|
}: }i    |{  !j
〈| ‘J |!   }j  :}
_ノ;し  i}  {J  |
,、-,、’         ハ- 、
( .( ’、_    _ ,ノ  ノ:i   )
,、'””`ー—‐'”フ、_ - _,、’ -‘”
(  _   ,、'”    ̄
`ー–─'”

ぺろ◆3pRM76ouijbSさん、第八話をお願いします
—————————————————–
語り部希望は【語り部受付スレ】で、
雑談と感想は【雑談スレ】で、
規制中の方は【避難所】でお願いします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
人気記事

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

スポンサーリンク