【洒落怖】百物語・六十九本目 「流れ星」 :百物語2013本スレ

227 :代理投稿 ◆YJf7AjT32aOX:2013/08/24(土) 04:25:15.82 ID:hqzLBEKk0

【第六十九話】 ヨサック ◆skAMDOCpdQ 様 『流れ星』

私が4歳位の時の話。

夜、祖母と銭湯に行った帰り、駐車場を横切ろうとしたら空中に何かがある。
4階位の高さに、バスケットボールより大きい、真ん丸で白く光る何か。
とても眩しいそれは、左右にゆっくりと振り子運動をしていた。

口を開けてただ見入るしかない私に祖母は一言

「変わった流れ星だねぇ~」

な、流れ星!?あれが!??

幼心にも違うだろうと思ったが、祖母は有無を言わさず私の手を引いて、その場を離れた。
私が振り返り見ている間ずっと、その光は揺れていた…

数年後、UFOの動き方に振り子運動がある、と知った私は「あれはUFOだったんだ!」と納得し、友人にも「UFO見た事あるよ~」と自慢げに話していた。

その後祖母が亡くなり、通夜の晩、母と思い出話をしていると例のUFOの話題になった。

「あれね、お祖母ちゃん火の玉だって言ってたよ」と母。
「お前が帰って来て大騒ぎするから、お祖母ちゃんに訊いたら、火の玉だと思うって震えてた…」

そう言えばあれを見た駐車場の隣は廃病院だった。何で今まで気付かなかったんだろう。
祖母の必死の誤魔化しのお陰か。誤魔化し下手すぎて、強烈な思い出になっちゃったけれど。

その夜は「変わった流れ星」を思い出して、母と笑って、少し泣いた。

【終】

引用元: https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1377258497/

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
人気記事

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

スポンサーリンク