【洒落怖】百物語・二十五本目 「待つわ」 :百物語2013本スレ

91 :KMT ◆nqnJikEPbM.8:2013/08/23(金) 23:59:09.97 ID:1Ytbuggr0

『待つわ』

(1/3)

もう三十年近くタクシーを走らせているベテランの運転手Aさんが、
「後にも先にも、あんなに怖い目にあったのはあれだけだよ」と話してくれた。

バブル絶頂期のその日、Aさんは県外までタクシーで客を送り、上機嫌で帰路に着いた。
たった一人の客を送るだけでその日のノルマは達成。そのお客も感じのいい人で道中も全く苦ではなかった。

深夜帯の仕事だったため、高速道路には後にも先にも車は走っていない。
まるで自分だけの貸切だな、とAさんは呟き、気持ちよく車を走らせていた。
最初は楽しんで飛ばしていたものの、段々と単調な光景に飽きてくる。
眠気を覚まそうと、ラジオのスイッチを入れた。

ザーーー、というノイズの奥で、何かが囁くような声がした。
チャンネルを合わせようと何度かツマミをひねるが、一向にクリアな声は聞こえてこない。
「普通、ここだと聞こえるんだけど、あれぇ? おっかしいなぁ?」
ひとしきりチャンネルと格闘したが、やがてAさんは諦めてラジオのスイッチを切った。
調子良く走ってきただけに、なんだか水を差された気分だった。

高速道路の脇には幾つもの道路灯が並んでいる。
ふ、と前方にある道路灯に目がいった。
道路灯の煌々とした明りに照らされて、その下に何か赤い物があるのが分かった。

「え、あれ、人かぁ?」
距離が近づくにつれて赤いドレスを来ている女だった。
カクテルドレスというのか、地面に付きそうな長いスカートは下に行くにつれて大きく広がっている。
「うわぁ、気味悪いなぁ……」
無視して通り過ぎることを決めたが、やはりなんとなく気になる。
Aさんは車がその女とすれ違う瞬間、チラリと女のほうを見た。

引用元: https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1377258497/

92 :KMT ◆nqnJikEPbM.8:2013/08/24(土) 00:00:43.77 ID:kFPsVjJM0

(2/3)

女はAさんを見ていた。
直立不動で、身じろぎ一つしないが、その女の目は見開かれ、Aさんを凝視していた。

「おいおいおい、なんだよ、あれ……」
Aさんの背筋に冷たいものが走る。
ルームミラーで後方を確認すると、女はまだ道路灯の明りの中に立っていた。
その姿が見えなくなって、Aさんはようやく息を吐き出した。

ザザッ、ザザザッ、ザーーーーッ、という激しいノイズとともに、ラジオが入った。
Aさんは叫んで、ハンドル操作を誤りそうになったが、慌てて立て直す。

『ま………いつ…で…ま………』
Aさんは必死でラジオをスイッチを叩くが、一向に止む気配が無い。
『ま…わ…いつ…でもま…わ…』
もう半狂乱になりながらAさんはラジオのスイッチを叩いた。
しかし、Aさんの願いも虚しくラジオのノイズ音がじわじわと収まり、その代わり、声がクリアに聞こえてくる。
『まつわ…いつ…でもまつわ…』

“あみん”の『まつわ』だった。
ただ、それは普通の調子ではない。ただワンフレーズだけを狂ったように繰り返していた。
『まつわ…いつまでもまつわ…まつわ…いつまでもまつわ…』

「あああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
耐え切れなくなったAさんの口から絶叫が漏れた。
同時にグイッとハンドルが助手席側に回された。
ハンドルを掴むAさんの手とは別の手が助手席から伸びていた。
高速道路脇の壁に突っ込む寸前にAさんが見たものは、
助手席に座ってAさんをじっと見つめながら、
引きつった笑みを浮べる赤いドレスの女だった。

93 :KMT ◆nqnJikEPbM.8:2013/08/24(土) 00:02:56.37 ID:kFPsVjJM0

(3/3)

「目を覚ましたら、病院だった。
壁に突っ込んだ後、何とか自分で車から這い出たのまでは覚えているけど、その先はサッパリ」
話を終えたAさんが茶をすすって一息ついた。
一体なんだったんでしょうねその女、と問う俺に対して

「なんだったかは分からないけど、車から這い出た時、高速道路の壁の脇に花束が置いてあった。
普通、高速道路で事故が起きても献花なんて出来ないと思うけど……あれは確かにあったんだよ。
それで、関係あるかは分からないけど、その花束、赤い包装紙に包んであった。
事故の衝撃か、それとも元々そうなってたのかは知らないけど、それが上下さかさまになっててさ……」

気を失う直前のAさんは、それを見て、まるで赤いドレスのようだ、と思ったそうだ。

【了】

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
人気記事

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

スポンサーリンク