q 【洒落怖】百物語・二十三本目 「留守番メッセージ」 :百物語2013本スレ | 怖い話まとめくす

【洒落怖】百物語・二十三本目 「留守番メッセージ」 :百物語2013本スレ

百物語2013 怖い話
80 :50 ◆YJf7AjT32aOX:2013/08/23(金) 23:33:07.47 ID:ME+Mw9fw0

【第二十三話】雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 様 『留守番メッセージ』

知り合いの話。

大学生の頃、仲間数人で、とある有名な廃墟へ肝試しに行ったという。
少し経ってからその内の一人、ある女の子が奇妙なことを言いだした。

あの肝試しに行ってから、彼女の携帯の留守番メッセージに、
変な唸り声が入るようになったというのだ。
声は途切れ途切れだが、制限時間目一杯入っているので、
最後まで聞くことなどせずに消していたらしい。
発信先が、なぜかいつも文字化けを起こしていて確認できなかったので、
一体誰からのメッセージなのかまったくわからない。

当の彼女は単なる悪戯だと思っていたそうだ。
しかし終に我慢が出来なくなったようで、
「今晩も入っていたら、最後まで聞いてやる!」と大学の学食で宣言していた。

その翌日から彼女の姿は見えなくなり、気が付けば、いつの間にか大学も辞めていた。
友人が実家へ電話してみたが、親御さんからは「入院した」とだけ告げられ、
その内連絡も付かなくなったという。
その後、彼女がどうなったのかは不明のままである。

【了】

引用元: https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1377258497/

コメント

タイトルとURLをコピーしました