【洒落怖】百物語・三本目 「尿夢」 :百物語2013本スレ

12 :代理投稿 ◆YJf7AjT32aOX:2013/08/23(金) 21:10:09.61 ID:ME+Mw9fw0

【第三話】 希望女♪ ◆LDJ.nSAcoo 様  『尿夢』

(1/2)

蒸し暑い夏の夜。
部屋で缶ビールを一気に飲んだ。続けて麦茶500mlを飲み干してから寝た。
朦朧とする意識の中で下腹部に重さを感じた。
早く起きないと寝小便してしまうぞ。ムックリと起き上がりトイレに入った。
我慢したせいで尿道が狭くなっているのだろう。チョロチョロとしか出ない。
やがて尿が太い線となり迸り流れ始めた。ふぅ~気持ちいいなぁ、そう思った時

「危なかったですねぇ、なんとか間に合ったようです」

男性の声でアナウンスが流れた。
なんだこのアナウンスは?こ、これは夢ッ!

ハッとして起き上がると、幸いにも公園のトイレが目に入った。急いで駆け込むと、放尿を開始。
至福の一瞬が訪れた。しかしなんで公園にいるんだ?
こっこれも夢ッ!

ウワッ!と思いようやく目が覚めた。
膀胱がパンパンに張っている。
あわててトイレに駆け込む。
勢いよく尿が出始めた。
膀胱にそうとう溜まっていたらしく、尿がなかなか止まらない。
10分経ち20分経ち遂に1時間経過した。
1時間も小便が出続けるかバカ。これも夢かい?

ドンッドンッ!
激しくドアを叩く音でようやく目が覚めた。トイレで用をたしてる間も、ドアは激しく叩かれ怒声まで聞こえてきた。

引用元: https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1377258497/

13 :代理投稿 ◆YJf7AjT32aOX:2013/08/23(金) 21:11:15.51 ID:ME+Mw9fw0

(2/2)

ドアを開けると二人の警察官がなだれ込んできた。
「おとなしくしろ、抵抗するな!」
あっという間に組伏せられた。
顔を背けると、ぐったりと横たわる幼女の姿が目に入った。なんで僕の部屋に幼女がいるんだ?
僕は何も知らない。そうだ、これは夢だ、夢に違いない。
夢ならば永遠に続けばいいのにと思った。【完 】

なんだこのショボイ小説は?
作者の名前を見てやれ見てやれと思った。
文庫本をしげしげと眺めたが、作者の名前が文字化けしてどうしても見えない。

見えないはずだよ、これも夢じゃないか!
漏れちゃう、漏れちゃう。
ジタバタした挙げ句、やっと目が覚めトイレに駆け込んだというお話。

【了】

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
人気記事

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

スポンサーリンク