【洒落怖】百物語・八十五本目 桜公園のトイレ :百物語本スレ【怪宴】

293 :代理投稿 ◆nqnJikEPbM.8 :2012/08/19(日) 05:31:23.27 ID:jvZ3IDbu0

雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 様 『桜公園のトイレ』

(1/2)
組合仲間の話。

とある山中の町へ仕事で出かけた、その帰り道。
道中に桜で有名な寺社公園があった。
すっかり暗くなっていたが、夜桜を楽しもうと思いつき、そのまま車で乗り入れた。

山裾を少し分け入ったその公園には、時間が遅いせいもあってか誰もおらず、
一人ベンチに腰掛けて桜を眺めていた。
何も思案すること無くしばらく呆っとしていると、突然身体を激しく揺さぶられた。
驚いて我に返ると、壮年の男性が怖い顔で、彼の肩をつかんで揺すっていた。
「あんた、こんな所で一体何しているんだ!?」

そう問われて「え、いや、ただベンチで夜桜を楽しもうと・・・」など答えた時、
自分が見覚えのない空間に座っていることに気がつく。
四方が白い壁に囲まれた狭い場所。微かに悪臭がする。

彼はいつの間にか、薄汚れた洋式便器に腰掛けていたのだ。

慌てて男性と一緒に外へ出た。
あの公園の、隅にある小さなトイレ。
その大用の一つに、彼はいつの間にか、自分でも知らぬ間に籠もっていたらしい。

「驚いたよ、側を通りがかると、トイレの中から唸り声が聞こえてくるんだから。
てっきり怪我でもしているのかと。具合でも悪いのかい?」
そう言った男性の足下で、犬が尻尾を振っている。
どうやら夜の散歩の途中だったようだ。

引用元: ・【8月18日】百物語本スレ【怪宴】

294 :代理投稿 ◆nqnJikEPbM.8 :2012/08/19(日) 05:34:14.08 ID:jvZ3IDbu0

(2/2)
「いや私、あそこのベンチに腰掛けていた筈なんですが、気がついたらあなたに
声をかけられていた状態で・・・」
そう説明しながら、自分でも訳のわからない説明だなぁと感じていた。

「それなら構わないけど・・・ここのトイレ、過去に二人ほど自殺してるからなぁ。
お節介だとは思ったけど、ちょっと不安になって声を掛けたんだ」

”自殺”という言葉に思わずドキッとする。
身体を調べてみたが、幸い、特に体調の悪いところも見当たらない。
男性に礼を述べてから、すぐに公園を出たのだという。

彼はその後、その公園には一人で訪れないようにしているそうだ。

【了】

295 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 ミオ ◆yz7KwCMAoU :2012/08/19(日) 05:34:28.55 ID:t9naPkC70八十五本目の蝋燭が消えました・・・
雷鳥一号◆zE.wmw4nYQさん、ありがとうございました
γ

_ノ


__
,、'”   .  `’ 、
i`ー  _    ’,
.             l| !|      i””!|
}: }i    |{  !j
〈| ‘J |!   }j  :}
_ノ;し  i}  {J  |
,、-,、’         ハ- 、
( .( ’、_    _ ,ノ  ノ:i   )
,、'””`ー—‐'”フ、_ - _,、’ -‘”
(  _   ,、'”    ̄
`ー–─'”
姑 ◆100mD2jqicさん、第八十六話をお願いします
—————————————————–
語り部希望は【語り部受付スレ】で、
雑談と感想は【雑談スレ】で、
規制中の方は【避難所】でお願いします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
人気記事

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

スポンサーリンク