【洒落怖】百物語・八十三本目 赤い印 :百物語本スレ【怪宴】

288 :代理投稿 ◆nqnJikEPbM.8 :2012/08/19(日) 05:21:29.24 ID:jvZ3IDbu0

カケフ ◆yvskAxXiM6 様 『赤い印』

(1/2)

僕の家には大きめの鏡がある。
野球の為だ。将来プロになることを本気で考えている。
毎朝、毎晩、鏡に向かってはフォームを確認し、変な癖をつけないように気を付けている。
鏡は玄関に置いてあって、殺風景な白い壁が映っている。
僕の他に映っているのはカレンダーぐらいだ。
その日は、部活を終えて他の部員と道草を食った後、心地よい疲労を感じて帰路に付いた。
もちろん、日はどっぷりと暮れて、街灯の明かりを頼りによ たよた帰宅した。
家に付くと、玄関の外明かりも点いていなかった。
朝、親が揃って出かけると言っていたことをぼんやり思い出した。
簡素な晩飯になると落胆しながらウチに入り、日々の習慣から鏡に向かった。
いつものように胸の前で腕を構え、いつものように投球フォームを確認する。
いつものように肩の位置、背筋、腰の捻りをチェックし、いつものように片足でバランスを取り、顎を引いた。
そこでふと、違和感を覚えた。視界の端に何か見慣れない感覚があった。
原因を探ろうと奇異な感覚を追って目を遣ると、原因が分かった。
カレンダーだ。
鏡に映るカレンダーのマスに黒いペンで×(バツ)と印されてあった。
8月12日、×。
違和感の元はもうひとつ。8月19日、赤、 ×。
何だろうと思い、振り返ってカレンダーを見た。
悪寒が走った。
ぞぞっと恐怖の戦慄が背筋を撫で上げる。
カレンダーは真っ白だ。

悲鳴が出そうになるのを必死で堪え、なんとか軽くかぶりを振ってもう一度鏡に目を遣る。
やはり、ある…

引用元: ・【8月18日】百物語本スレ【怪宴】

289 :代理投稿 ◆nqnJikEPbM.8 :2012/08/19(日) 05:22:39.01 ID:jvZ3IDbu0

(2/2)

それからの記憶はあまり定かではない。
普段通り学校へ行き、普段通り部活を終え、普段通り家に帰る。
ただ、玄関の鏡の前で立ち止まることはなくなった。
通り過ぎ様に見える、視界の端の黒い点には、全ての思考を停止させた。
点が、長く、線になっても、一心不乱に野球に集中した。
ただ、ボールを投げた。投げて投げて投げまくった。
頑張り過ぎたせいか、ときどき視界がぼやけた。
8月19日、早朝。
いつも通り家を出ました。歩きました。バスに乗りました。学校に着きました。

同日早晩。
僕の右手が、いつもよりずっと遠くに見えました。
しっかりとボールを握りしめた、僕の手。
赤い縫い目が……泣きたくなるほど、綺麗だった。

【了】

290 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 ミオ ◆yz7KwCMAoU :2012/08/19(日) 05:23:37.99 ID:t9naPkC70八十三本目の蝋燭が消えました・・・
カケフ ◆yvskAxXiM6さん、ありがとうございました
γ

_ノ/
__
,、'”   .  `’ 、
i`ー  _    ’,
.             l| !|      i””!|
}: }i    |{  !j
〈| ‘J |!   }j  :}
_ノ;し  i}  {J  |
,、-,、’         ハ- 、
( .( ’、_    _ ,ノ  ノ:i   )
,、'””`ー—‐'”フ、_ - _,、’ -‘”
(  _   ,、'”    ̄
`ー–─'”
猫様がみてる ◆UiIW3kGSB.さん、第八十四話をお願いします
—————————————————–
語り部希望は【語り部受付スレ】で、
雑談と感想は【雑談スレ】で、
規制中の方は【避難所】でお願いします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
人気記事

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

スポンサーリンク