【洒落怖】百物語・二十九本目 黒猫:百物語本スレ【怪宴】

94 :メタルスライム ◆LuWpVnhAYs :2012/08/18(土) 22:54:13.11 ID:bWhVyysF0

「黒猫」(1/2)

私が小学生のとき通っていた剣道クラブの友人A君の話です。

A君は練習場に向かうとき、いつも使っている近道がありました。

それは大きいお寺の横にある墓地内の細い道を通り抜けて、その先のT字路を渡る、というルートでした

ある日、いつものように墓地内の道を歩いていたA君は墓の影から黒猫が見ていることに気が付いたのです。
「前を横切られるのも嫌だな。。。」と思ったA君、立ち止まってしゃがみこみ
(どうするつもりなのかな・・・?)と、じっと見つめてみたそうです。

すると、その黒猫はなぜか不思議そうな顔で見つめ返した後、そのまま後ろに引き返してそうです。。

引用元: ・【8月18日】百物語本スレ【怪宴】

95 :メタルスライム ◆LuWpVnhAYs :2012/08/18(土) 22:55:25.98 ID:bWhVyysF0

(2/2)
(なんだったのかな・・・?)と思い、そのまま練習場に向かおうとした際
T字路で大きな物音がしたのです。
行ってみると、車同士の衝突事故が起き、ぶつかった車が歩道に突っ込んでいたのです。

もし、黒猫に気付かずにそのまま向かっていたら、突っ込んだ車にはねられていたかもしれなかったそうです。

あの黒猫はA君を助けたのでしょうか?

しかし、A君は聞き逃しませんでした。

黒猫が後ろに引き返したとき、どこからともなく「チッ…」という舌打ちのような声がしたのを・・・

【了】

96 :動画 ◆ElPl8xGQc2 :2012/08/18(土) 22:55:52.19 ID:9cScHy9v0
二十九本目の蝋燭が消えました・・・
メタルスライム◆LuWpVnhAYsさん、ありがとうございました
γ

_ノ


__
,、'”   .  `’ 、
i`ー  _    ’,
.             l| !|      i””!|
}: }i    |{  !j
〈| ‘J |!   }j  :}
_ノ;し  i}  {J  |
,、-,、’         ハ- 、
( .( ’、_    _ ,ノ  ノ:i   )
,、'””`ー—‐'”フ、_ - _,、’ -‘”
(  _   ,、'”    ̄
`ー–─'”
`ー–─'”キツネ ◆8yYI5eodysさん、第三十話をお願いします
—————————————————–
語り部希望は【語り部受付スレ】で、
雑談と感想は【雑談スレ】で、
規制中の方は【避難所】でお願いします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
人気記事

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

スポンサーリンク