【洒落怖】百物語・三十四本目 「オシラサマ」 :百物語2013本スレ

こちらもどうぞ






























137 :代理投稿 ◆YJf7AjT32aOX:2013/08/24(土) 01:51:25.16 ID:hqzLBEKk0

【第三十四話】ヨサック◆skAMDOCpdQ『オシラサマ』

(1/2)
曾祖母の実家では昔、オシラサマを祀っていたそうだ。

曾祖母がまだ幼い頃、この家の息子(曾祖母の兄)が日露戦争に召集され、家族皆でオシラサマに「息子を守って下さい」とお願いした。

息子が出征してから間もなくのある晩。家族で居間にいると、廊下の方から音がする。

コトリ、ちりん。コトリ、ちりん。

何事かと様子を見に行くと、廊下側の障子に月明かりで影が映っている。
小さな二つの影。
それが玄関の方へ少しずつ移動しており、動く度に音が鳴るようだ。

オシラサマの御神体は、桑の木に幾重にも着物を着せてあり、鈴が付いている。そして二体一対だ。

「これはオシラサマが息子を守って下さりに出掛けるのでは」
家族皆で障子の影に手を合わせたという。
息子の出征中、その様な事が度々あったそうだ。

引用元: https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1377258497/

138 :代理投稿 ◆YJf7AjT32aOX:2013/08/24(土) 01:52:05.43 ID:hqzLBEKk0

(2/2)

やがて戦争が終わり、息子は無事に帰って来た。
息子の話によると、戦場は203高地だった。日露戦争最大の激戦地として有名になる場所で、息子も何度も死を覚悟したという。
ところが「これは絶対に当たった!」と思う様な軌道の弾丸も、何故か当たらない。周りの戦友が次々と倒れる中、自分の体だけ弾が避けて行く様だった。
そして、そんな時には必ず鈴の音が聞こえたそうだ。砲弾の雨の中不思議な程鮮明にちりん、ちりん、と。
あぁオシラサマだ、と息子は思ったという。

その話を聞いた家族は何とありがたい事だ、とオシラサマに手を合わせた。

しかし、よく見るとオシラサマの様子がおかしい。
神棚から御神体を下ろしてみると、幾重にもなったオシラサマの着物全てに、焼いた鉄串で刺した様な小さい焦げ穴が、無数に開いていたそうだ。

【終】

スポンサーリンク