【洒落怖】百物語・七十一本目 無題:百物語本スレ【怪宴】

もう二十年近く前の夏の話だ。  その日はちょうど祭りがあって、友達と夜店を回る約束をしていた。  住んでいたところはド田舎だったので祭りの規模は大したことはないが、  夜店が出たり、公然と夜更かしが出来るその日は子供心に楽しみだった。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・七十本目 エレベーター:百物語本スレ【怪宴】

私は現在はあまりないのですが、小さい頃はよく心霊体験をするという事がありました。  これはそんな私がまだ幼稚園ぐらいの頃の話です。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十九本目 火の玉の正体:百物語本スレ【怪宴】

うちのオフィスの男子トイレの窓には、「夜間、この窓を開けないで下さい」という注意書きが  貼ってある 

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十八本目 泣岩:百物語本スレ【怪宴】

学生の頃、長期休暇の間、良く長野の祖父母宅へ行っては朝から日暮れ  まで山深くにある沢で岩魚釣りを楽しんでいた。  一応山中の渓流ということで、それなりの装備をするわけであるが、

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十七本目 空き家の落書き:百物語本スレ【怪宴】

小学生の時分と言いますと、いやはや、怖いもの知らずと言いますか、大人になってからはやらないような遊びに興じるものでございます。  かく言う私も小学生の頃には近所の子供たちとヘビが出るような山の中に秘密基地を作ったり、虫だらけの洞窟を探検してみたり。

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十六本目 穴:百物語本スレ【怪宴】

Bさんは兵庫県の海沿いの町に引越してきた。季 節は夏だった。  日曜日の早朝、釣り竿を持って自宅近くの海岸ま で出掛けた。 辺りはまだ薄暗かった。

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十五本目 突堤の女:百物語本スレ【怪宴】

深夜、漁港の突堤で釣りをしていた時のことだ。  普段なら同好の志が五、六名はいるものなのだが、その夜は彼一人だけだったらしい。  「独り占め、独り占め」 

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十四本目 修学旅行の例外:百物語本スレ【怪宴】

これは私が高校生の頃の話です。  私の学校の修学旅行は毎年沖縄に行っています。  ただ最近は海外にしようという話が出ては立ち消えているようですが…

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十三本目 国道先の土地:百物語本スレ【怪宴】

初めに僕のことについて書きますが、僕の家は大昔まで遡れば現存する良く知られた神社の宮司にあたる家で、  母方も霊感のある人間が時たま生まれるような家系。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十二本目 逆夢:百物語本スレ【怪宴】

俺は子供のころからあまり夢を見ない。  たまに見る夢も断片的にしか覚えていないものばかりなのだが、ごくごく稀にはっきりと夢の内容を覚えていることがある。

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十一本目 夏休み:百物語本スレ【怪宴】

小学校高学年の頃だったかな。  当時の家庭事情がゴタゴタしてて、母方の祖母の家に預けられるコトになったんだ。  言っちゃえば親父の浮気発覚と、母親の体調不良に因る入院が重なったのが理由だけど。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十本目 置いてかないでくれよ:百物語本スレ【怪宴】

これは友人Hの話です。  Hは私以上に霊感が強い人間で、よく自分と一緒に変なものを見たりしていました。  そんなHがフリーターだった頃の話です。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・五十九本目 太陽に似た、何か:百物語本スレ【怪宴】

母の体験した話。 母は山の生まれで、山に囲まれて育った。  幼い頃から山を駆けずり回っており、まさに自分の庭同然。  そんな山で、一度だけ説明のつかぬ体験をしたという。 

記事を読む

【洒落怖】夢だと思いたいので書き込みます。: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?350

半年ほど前に遠距離恋愛していた彼氏と同棲を始めることになり上京しました。 部屋は新しいの借りず、彼の部屋にそのまま転がり込む事になりました。 小さなアパートで二人で住むにはちょっと狭いワンルームだったのですが、私の荷物が少ないこともあり比較的スムーズに引っ越しは終わりました。

記事を読む

【洒落怖】百物語・五十八本目 イメージ:百物語本スレ【怪宴】

前の家で変なことが起こっていた、と『引っ越し』にて少し触れたがその話をしたいと思う。  もともとその家に引っ越してきたときから、イヤな雰囲気だなぁと思っていた。 

記事を読む

スポンサーリンク