洒落怖一覧

【洒落怖】百物語・六十五本目 「よく視える」 :百物語2013本スレ

私が以前勤めていた会社にいたOは、いわゆる「よく視える」タイプの人種だった。  昔から急に足の先が痛くなる持病があったのだが  入社した2日後、残業しているときにまた痛みが再発してきたとき  向こうの席からトコトコと歩いてきて  「まあ、入ったばっかの、そんなにアレな感じな人にいうのもあれだけど   ・・・その足にしがみついてるのがいるからだ、って知ってる?」  と、話しかけてきたのが、そいつとの付き合いのはじめだった。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十四本目 「通う人」 :百物語2013本スレ

こう、怪談が好きな方々で集まって、お話をしておりますと、  「霊が訪ねてきても、戸は開けちゃいけないよ、ね、開けると入ってくるからね」   なんて脅しを掛けてくる方が、まぁ、一人はお出でになりますね   ま、わたくしはそういう体験がありませんから、  「そういうもんか、怖いねぇ……ところで、あいつら、壁は抜ける癖に変なところで律儀だね」   なんて、怪談牡丹灯篭の伝統を、こう、絶えさせてしまうような事を考えたりも致しますが 

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十三本目 「占い師の予言・結果」 :百物語2013本スレ

良く当たるという占い師のところに行ったら、あなたの夫は指を切り落とすだろうと言われた。  それは困る、と訴えたところ、  占い師は「指を切り落としたくなければ指輪をはめておくように」と言った。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十二本目 「占い師の予言・将来」 :百物語2013本スレ

彼女は、遠い昔、気まぐれに占い師に占ってもらったことがあるという。  「その人に言われたの。  あなたは、世界を飛び回るような人と結婚する。  そして、とても幸せな生活をするって。」 

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十一本目 「天狗のご加護」 :百物語2013本スレ

怖い話の途中ですが、ここで僕の最も温かかった不思議体験を。  これは、この4月、友人と3人で京都に行ったときのお話。  このときのメインは義経が幼少期を過ごしたことでおなじみの鞍馬山。  道中に観ていたDVDのおかげで、異様なテンションでの入山でした。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・六十本目 「夜の墓地」 :百物語2013本スレ

私が子供の頃住んでた家の近くのお寺は、西側が墓地になっていた  夜になると寺は閉まるが、墓地には裏手の壊れた垣根からいつでも入る事ができたため  時々、夜の墓地に入って肝だめしをする者もいた  私が小学生の頃、友達と一緒に夜の9時ごろそのお寺の墓地に探検に行った  初めは怖かったが、特に何も出てこないので、調子に乗ってワイワイ騒いでいたら 

記事を読む

【洒落怖】百物語・五十九本目 「黒い影」 :百物語2013本スレ

夜中、ふと目覚めた時のことです。  人の気配を感じたので暗闇に目を凝らして見ると  部屋の隅に、黒い人影が立っていました  私は驚き逃げようとしましたが金縛りにあって体が動きません  うわあああ、と思っていると なんともう1つ人影が… 

記事を読む

【洒落怖】百物語・五十八本目 「猫の神隠し」 :百物語2013本スレ

去年のお盆の出来事。  お盆初日、墓参りを済ませ提灯の火を神棚の蝋燭に移した時、  後ろの方で飼い猫の鳴き声と、ガシャーンという何かにぶつかったような音がした。  その猫はまだ一才にもなっていないやんちゃ盛りで、よく何かに驚いてはいろんなとこにぶつかるせわしないやつだった。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・五十七本目 「小峰峠の女児の幽霊」 :百物語2013本スレ

こんな噂が、多摩一帯で囁かれたのは、昭和63年の事である。  八王子から五日市に抜ける秋川街道を走っていると、小峰峠という峠に至る。  昼なお暗き、この峠に女の子の幽霊が出ると評判になったのだ。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・五十六本目 「電車の中で」 :百物語2013本スレ

ガラガラの電車に乗っていた。  ドアの傍で、中学生くらいの女の子が、ニコニコしながら隣の女の子に何やら立ち話している。  「そしたらね!~君がね、」  「あの時の先生はさー」  とか、他愛もない話だった。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・五十五本目 「ホテルの地下に」 :百物語2013本スレ

彼が高校の修学旅行へ行った時のことだ。  最終日に泊まったホテルは、綺麗だが、どことなく古びた印象を与える建物だった。  風呂上がりに地下へ続く小さな階段を見つけ、そこに居合わせたメンバーで下りてみた。  長い長い階段の先にあったのは、コンクリート造りの牢獄だった。  それも一つや二つではなく、明かりの届かない奥の方まで、鉄格子がずらっと続いている。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・五十四本目 「乗り合い」 :百物語2013本スレ

バイト先の先輩に、とても良い先輩がいます。  その人は面倒見が良く、どこかに行く際にはちょくちょく車を出してくれるんです。  一度、よくドライブしたりするんですか?と訊いてみた事がございます。  その時、先輩はニカッと笑って答えました。  「いやいや、1人で車に乗るのは好きじゃないんだ」

記事を読む

【洒落怖】百物語・五十三本目 「稀少な幽霊」 :百物語2013本スレ

大学生の頃の話です。  私は当時、学生専用のアパートで一人暮らしをしていました。  ある秋の晩、夜中に友人と呑みに行った帰りのこと。  その友人は私とは別の学生アパートに住んでいたのですが、そのアパートのある場所は大通りから少し外れた街頭の少ない入り組んだ細い道に建っており、  一年以上住んでいる友人ですら「帰り怖ぇ…」と言うほどの嫌な雰囲気がありました。 

記事を読む

【洒落怖】百物語・五十二本目 「+1(プラスワン)」 :百物語2013本スレ

某SNSのコミュでツーリングに行く話になった  話は進み関東圏のメンバーでSA集合鰻が有名な県まで行く事になった  知らない人ばかりだったので緊張したけど  同じ趣味の人だから温泉で大はしゃぎした 

記事を読む

【洒落怖】百物語・五十一本目 「上の階の住人」 :百物語2013本スレ

友人は築十何年という古い木造アパートの一階に住んでいた  そんな彼女が引越しを決めた顛末のお話  ある日のこと  彼女はふとのどが渇き冷蔵庫を覗いた  あいにく飲み物の類は切らしており、仕方なくコンビニにでも行こうかと外へ出る  少し歩いてから、何気なくアパートを見上げた彼女は、ぞっとした  彼女の住む真上の階、真っ暗な部屋の中から、こちらを見る人影があったのだ 

記事を読む

スポンサーリンク