人間一覧

【洒落怖】世界がもし100人の村だったら:隠れた名作・怖い話

今日はもう一つ、いいオチではないんですけど…  【世界がもし100人の村だったら】  「『世界がもし100人の村だったら』のみなさんの感想文、読ませていただきましたよ。   とってもよく書けていました。じゃあ今からお返ししますね」  「M子ちゃん、ちょっと」  「はい、先生」  「少しお話があります。放課後、職員室まで来てくださいね」  「はい…」 

記事を読む

【洒落怖】パパの物忘れ:隠れた名作・怖い話

「ねえN子、最近パパの様子がおかしいのよ」  携帯から聞こえる母の口調は弱々しいものだった。  「え、病気?」  「よくわからないんだけど…」  「いったいどうしたの?」  「記憶がだんだんと無くなって行くみたいなの」  「ええっ!アルツハイマー?」  「そうなのかしら」 

記事を読む

【洒落怖】フリークライミング:隠れた名作・怖い話

会社の同僚が亡くなった。 フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。 Kのフリークライミングへの入れ込み方は本格的で休みがあればあっちの山、こっちの崖へと常に出かけていた。 亡くなる半年くらい前だったか、急にKが俺に頼みがあるといって話してきた。 「なあ、俺がもし死んだときのために、ビデオを撮っておいてほしいんだ」

記事を読む

【洒落怖】旅館の求人 :隠れた名作・怖い話

「、、はい。ありがとうございます!○○旅館です。」  「あ、すみません。求人広告を見た者ですが、まだ募集してますでしょうか?」  「え、少々お待ち下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・ザ、、、ザ、、ザザ、、、  ・・い、・・・そう・・・・だ・・・・・・・・」 

記事を読む

【洒落怖】『四指死天昇』 :隠れた名作・怖い話

当時、俺は柔道部に所属していた。段位は弐段。  150kgのバーベルを持ち上げる事も出来るくらい鍛えていた。  そんな俺にはライバルであり、仲間であり、親友と呼べる奴がいた。  ある日、そいつと俺は足腰を強化する為に校庭で走行訓練を行っていた。

記事を読む

【洒落怖】『マネキン』 :隠れた名作・怖い話

14歳のころ、父を亡くした私は、母の実家に引っ越すことになりました。  母方の祖父はとうに亡くなっていたので、祖母、母、私と、女3人だけの暮らしとなります。  私は、親が死んだショックから立ち直れないまま、新しい環境に早急に馴染まなくてはいけませんでした。 

記事を読む

【洒落怖】「あいつ逃げる時刺身包丁みたいな刃の長い包丁持ってたんだよね」死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?347 [無断転載禁止]©2ch.net

7.8年前の話なんだけど、田舎から千葉に出てきて大学に通う為一人暮らしはじめたのね。 1Kのボロアパートの2階で、狭いし汚いけどそれなりに気に入ってた。 しばらく経って大学にも慣れて初めて彼氏とか出来て楽しく過ごしてた。

記事を読む

スポンサーリンク