【長編】幼少から続いてる恐ろしい体験を話す【1/10】

こちらもどうぞ





















1: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:35:44.34 ID:H74f5dFw0

文章下手だし、長くなると思うけどそれでも聞いてくれる人が居るなら。

興味あるかな?

引用元: ・幼少から続いてる恐ろしい体験を話す

3: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:39:23.02 ID:H74f5dFw0

ちなみに俺は今27歳。
昔のことは、ややうろ覚えの部分もある。
細かな描写はある程度、想像の部分もあるけど勘弁。

あと謎が多く残る、誰か分かった人が居たら書いた後に教えて欲しい。

4: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:40:02.66 ID:H74f5dFw0

スレタイにも書いたけど、これは俺が小学校4年生から現在まで続いてる話。

当時の俺は、仲の良い男の子と女の子が居て、学校の休み時間も放課後も常に3人で行動していた。仮に名前をA男とC菜としておく。
3人でふざけ合ったり喧嘩したり、まあ良く居る仲良し3人組みみたいな感じだった。

そんなある日、C菜は学校を休んだ。これは、おかしいと俺は咄嗟に思った、C菜は超が付くほどの健康優良児であり、今まで一度も学校を休んだことがなかったのだ。

5: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:40:50.54 ID:H74f5dFw0

俺「おい、今日C菜休みみたいだぞ」

A男「どーせ、夕食食い過ぎて腹でも壊したんじゃないのwwww」
俺「wwwwwwwww」

等と、俺達は殆ど気にも留めなかった。

放課後に見舞いに行こうか迷ったが、どうせ明日になればピンピンして学校に来るだろうと思って行かなかった。
しかし、翌日もC菜は学校を休んだ。

6: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:41:41.73 ID:vJaw25GJO
読んでるよー

7: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:42:04.74 ID:H74f5dFw0

俺「んー、まだ調子悪いのかな」

A男「今日は拾い食いでもしたんじゃね?www」

俺「wwwwwwwww」

A男は相変わらず笑い飛ばしていたが、俺は何か嫌な予感がしていた。
その予感は朝のホームルームで的中することになる。

先生「えー、先日から学校を休んでいるN(C菜)だが、実は先日から入院をしている」

俺「え?」
A男「は?」

俺達は二人揃ってポカーンだった。
先生の話を聞くと、どうやらC菜は登校前に自宅で急にぶっ倒れてそのまま救急車だったらしい。

その後、仲の良かった俺達二人が代表して、翌日の放課後に見舞いに行くことになった。

8: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:42:48.53 ID:H74f5dFw0

俺「おいおい、、、どうなってんだよ」

A男「うーん、腹痛にしては随分大掛かりだな、、、」

相変わらず軽口を叩いているA男であったが、俺は正直かなり不安で心配だった。
俺もC菜には負けるが、かなり身体は強い方であり、病院=ヤバイのイメージがあったからだ。

A男「まっ、明日からかいに行ってやろうぜ、とっとと学校来いってな」

俺「うん」

そして翌日、俺はA男と共に、C菜が入院している病院を訪れた

9: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:43:21.44 ID:H74f5dFw0

A男「うわー!でっけーなあ!あ、あれナースさんだぜ!!」

俺「恥ずかしいから、やめてくれよ、、、」

初の病院に興奮しているA男を尻目に、俺は受付でC菜の面会に来たことを伝える。

俺「すいません、C菜、、、えっとNさんの病室はどこですか」

受付嬢「はい、えーNさんの病室は、、203号室になりますね」

受付嬢から病室を聞き、俺達は病室へ向かった。

10: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:44:00.30 ID:H74f5dFw0

病室は4人の大部屋だった。
病室に足を踏み入れ、C菜を探す。

俺「んーーー、あっいたいた!おい!C菜!!」

C菜は病室の窓から外を眺めていた。
俺の声に気付き、こちらへと顔を向ける。

C菜「あっ!!」

A男「よう!!」

C菜は満面の笑みで俺達を迎えてくれた。
顔色は普段と変わり無く、元気そうに見える。

11: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:44:34.24 ID:H74f5dFw0

A男「倒れたって何だよ、なっさけねーなあ」

俺「元気そうだな」

C菜「もー大変だったよ!wでもちゃんと来てくれたんだね!」

A男「まあ、ちょっとからかってやろうと思ってなwwww」

俺「二人で拾い食いでもしたんじゃないかって話してたww」

C菜「何よそれーwww」

その後、くだらない話しで俺らは盛り上がり、気付けばあっという間に面会時間を過ぎていた。

12: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:45:12.63 ID:H74f5dFw0

俺「あっ、もうこんな時間だ、じゃあC菜、今度また来るね」

A男「おう、またな、いつくらいに退院出来そうなんだ?」

C菜「何か大したことないって、お医者さんが言ってたからすぐだと思うよ」

俺「そうか、早く良くなって学校来いよ」

A男「またなー!」

C菜「うん!来てくれてありがとう!また学校でね!!」

そして病院の帰り道

俺「元気そうで良かったな」

A男「あいつは殺しても○なないだろwww頭に隕石でも落ちない限りwww」

俺「はははははwwww」

A男「早く学校来るといいな」

俺「だな」

13: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:45:45.73 ID:H74f5dFw0

そして3日が過ぎた
C菜はまだ退院しなかった

俺「おいー、C菜まだ退院しないのかよー!」

A男「階段で足滑らせて退院が延びてるんじゃね?w」

俺「wwwwwww」

しかし、俺はこの時も漠然とだが、嫌な予感がしていた。

そして、4日、5日、6日、一週間が過ぎた
C菜は相変わらず学校に来なかった。

14: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:46:20.11 ID:H74f5dFw0

俺「うーん、C菜すぐって言ってたのに遅いな」

A男「んー、病院の医者に惚れちゃったとか!んーーー」

相変わらず冗談で濁しているA男だったが、流石に心配な様子だった。

俺「今日、学校終わったら会いに行ってみようか」

A男「そうだな、どーせくだらない理由だろ」

放課後、俺達は再びC菜の入院している病院へと向かった。

15: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:46:55.46 ID:H74f5dFw0

病室へと、入るとC菜は横になっていた。

俺「おいー!C菜ー!」

C菜「あっ!来てくれたんだね!」

A男「おっすー」

相変わらず満面の笑みを振りまいているC菜だったが、心なしか顔色は悪く
目が濁っているように見えた。

A男「なげー休みだな!w」

俺「まだ退院出来そうにないのか?」

C菜「何か検査をするとか何とか言ってて良く分かんないんだよね」

16: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:47:23.06 ID:hcL9rWiN0
見てる

17: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:47:34.72 ID:H74f5dFw0

A男「頭の検査か?w」

C菜「失礼ね!w」

俺「まだ退院は先になりそうなのか?」

C菜「うん、でも検査が終わって大丈夫ならすぐに帰れるって!」

A男「そーかそーか、どうでもいいけど、とっとと学校来いよ」

C菜「うん!勿論!早く皆で遊びたいなー」

その後は前回と同様、くだらない話をしつつ、適当に病院を後にした。

18: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:48:04.78 ID:H74f5dFw0

そして病院の帰り道

A男「心配して損したよ!すげー元気そうじゃん!」

俺「うーん、でもちょっと痩せてたな」

A男「病院のメシが不味いんだろ、あいつ普段、お菓子もボリボリ食ってたしなww」

俺「でも、元気は元気そうだったし、そろそろ帰って来そうで良かったな」

A男「ああよ、休みの間アイツと遊べなかった分、色んな所連れ回してやろうぜ」

俺「いいね!そんでまたくっだらない事で喧嘩したりするんだよなww」

A男「あー早く学校に戻ってこねーかなあ」

俺達は、C菜が学校に戻ってきた時の未来予想図を描きながら、帰路へと着いた。

それから翌日は、C菜が学校に戻って来た時の事をA男と考えながら過ごした。やっぱり普段3人で居たせいか、2人だとイマイチパッとしない。

しかし、C菜は二週間経っても学校へと戻っては来なかった。

19: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:48:44.74 ID:H74f5dFw0

俺「おい、、、まだなのかな」

A男「、、、やっぱり頭に異常が、アイツすぐ怒り出すもんな」

相変わらずのA男だったが、心配はしているようだった。
面会に行こうか迷ったが、俺もA男もそれを言い出すことはなかった。
きっと、2人とも、もし残酷な現実を付きつけられたらどうしようと、無意識におびえていたんだと思う。

20: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 00:49:15.75 ID:H74f5dFw0

そして、三週間が経った。

俺「おい、、、A男」

A男「ん?」

俺「いや、、、なんでもない」

A男「そうか、、、」

まさかな、、、あのC菜がな、、、
きっとそのうち

いやー!遅くなってごめーん!とか言って学校にやって来るさ、うん、きっとそうさ。

俺もA男も漠然とした不安を抱えながら、日々を過ごしていき
遂には一ヶ月とちょっとが過ぎた

何故だか知らないが病室が変わっており、俺とA男は5階へと向かう。 病室の入り口へと着くと、表札の札にはC菜の名前しか無かった。どうやら一人部屋らしい。 病室に入ると、カーテンが掛かっており、イスには一人のおばさんが座っていた。