まとめ一覧

【洒落怖】夏の思い出:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?

今から20年ほど前の話しです。 当時の私には5歳下の彼女がいまして、少し離れた場所-遠距離とまでは 言えませんが、車で3時間ほど離れた場所に住んでおり、仕事の忙しさも 相まって会えるのは月に1~2度という感じでした。 私の住んでる土地は自然しか取り柄の無いような海辺の田舎町で、都会っ 子の彼女はそんな素朴な田舎町の山や海で遊ぶのが大好きな子でした。 そんな彼女と付き合い始めて初めての纏まった連休-お盆休みに起きた不 思議なお話しです。

記事を読む

【洒落怖】おにいさん:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?

生まれは都市圏だけど、まだ緑が多かったころなので遊び場には事欠かなかった。 家の近くに大きな空き地があって、毎年盆踊りをそこでやっていたのを覚えてる。 その空き地が潰されて大きな工場が出来たときに、自分の遊び場所がなくなってすごく悲しい思いをした。 そんな頃の話。 小学校の頃はやんちゃだった。 いつも悪戯ばかりして怒られている様な。 そんな俺と同じようにやんちゃなNとY。 3人で遊んでいれば何でも出来そうな気がしたもんだよ。

記事を読む

【洒落怖】地下のまる穴:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?

これは17年前の高校3年の冬の出来事です。 あまりに多くの記憶が失われている中で、 この17年間、わずかに残った記憶を頼りに残し続けてきた メモを読みながら書いたので、 細かい部分や会話などは勝手に補足や修正をしていますが、 できるだけ誇張はせずに書いていきます。 私の住んでいた故郷は、すごく田舎でした。思い出す限り、 たんぼや山に囲まれた地域で、遊ぶ場所といえば、 原つきバイクを1時間ほど飛ばして市街に出てカラオケくらいしか なかったように思います。

記事を読む

【ほんのりと怖い話】私の実家は割と田舎の方で家の真ん前に神社があるんだ

今から5年くらい前の話なんだけど、私の実家は割と田舎の方で家の真ん前に神社があるんだ 結構傾斜が凄いところにあるんだけど、ほんっとうに真ん前で家から歩いて神社の敷地に入るまで2分もかからないくらい 昔も今も家の周りに公園なんてないから、友達と鬼ごっこやかくれんぼをするとなると決まってその神社で行うことになってた。

記事を読む

【不気味で怖い】ヒッチハイク:謎の一家

今から7年ほど前の話になる。俺は大学を卒業したが、就職も決まっていない有様だった。 生来、追い詰められないと動かないタイプで(テストも一夜漬け対タイプだ)、 「まぁ何とかなるだろう」とお気楽に自分に言い聞かせ、バイトを続けていた。 そんなその年の真夏。悪友のカズヤ(仮名)と家でダラダラ話していると、 なぜか「ヒッチハイクで日本を横断しよう」と言う話に飛び、その計画に熱中する事になった。 その前に、この悪友の紹介を簡単に済ませたいと思う。

記事を読む

【怖い話】実況!今ひとりかくれんぼしてるぞ!1はその後・・・

途中で家の外に出ない 電気(明かり)は必ず消す 隠れている時は静かに 塩水は終わらせるときと、動くときに口に含めばよい。隠れている間中、口に含んでいるわけではない。 同居人がいると、同居人に危害が及ぶという噂もあり 1~2時間でやめること 万一のときのため、出入り口の鍵は開けておき、すぐに駆けつけてきてくれる友人等を

記事を読む

【閲覧注意】日本心霊スポット 最恐ランキングトップ10【2017年夏】

昔、このトンネルの工事にたくさんの朝鮮人労働者が働かされていました。 しかし工事が難航したため人柱として労走者達をトンネル内の壁に埋め込んだといわれています。

記事を読む

漁師「それ犬神かもしれんけん、とりあえず原因解るまで船にはのせれん」

たまにその漁師さんと沖に伝馬船だして貰って釣りに行く。 いつものように竿だしてると、その人が「お前足どしたん?」と。 みてみると丸く赤く腫れてる、何処で出来た傷なのかまるで検討も付かない。 漁師さんの顔が急に真剣になり「お前だれぞに恨まれるような事してないか?」と。

記事を読む

NO IMAGE

玄関の前に能面:友達が何かに憑かれてて困ってる

友達が何かに憑かれてるみたいなんだ 玄関の前に能面の節木増みたいなのがいて、ずっと見られてるって 怖くて家から出れないし、もう2週間も部屋に篭ってて、友達の親御さんや私が何もいないから大丈夫だ、部屋から出てこいって言っても「いる!玄関にいる!」って泣き喚いててお手上げ

記事を読む

【夢怖話】夢の中のクレヨン女の話

もっかいいうけどオチ的な物は期待すんな、あと文章力ないからな。 姉の子供いわゆる姪が家に泊まりに来た時の話。 2~3年前のある日にに姪が俺の家に泊まりに来たんだ。なんでも母(姉)が水疱瘡だか風疹だかにかかって子供の面倒見れなくなったから代わりに見てほしいんだとか。

記事を読む