気味が悪い一覧

【洒落怖】世界がもし100人の村だったら:隠れた名作・怖い話

今日はもう一つ、いいオチではないんですけど…  【世界がもし100人の村だったら】  「『世界がもし100人の村だったら』のみなさんの感想文、読ませていただきましたよ。   とってもよく書けていました。じゃあ今からお返ししますね」  「M子ちゃん、ちょっと」  「はい、先生」  「少しお話があります。放課後、職員室まで来てくださいね」  「はい…」 

記事を読む

【洒落怖】パパの物忘れ:隠れた名作・怖い話

「ねえN子、最近パパの様子がおかしいのよ」  携帯から聞こえる母の口調は弱々しいものだった。  「え、病気?」  「よくわからないんだけど…」  「いったいどうしたの?」  「記憶がだんだんと無くなって行くみたいなの」  「ええっ!アルツハイマー?」  「そうなのかしら」 

記事を読む

【洒落怖】フリークライミング:隠れた名作・怖い話

会社の同僚が亡くなった。 フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。 Kのフリークライミングへの入れ込み方は本格的で休みがあればあっちの山、こっちの崖へと常に出かけていた。 亡くなる半年くらい前だったか、急にKが俺に頼みがあるといって話してきた。 「なあ、俺がもし死んだときのために、ビデオを撮っておいてほしいんだ」

記事を読む

【洒落怖】旅館の求人 :隠れた名作・怖い話

「、、はい。ありがとうございます!○○旅館です。」  「あ、すみません。求人広告を見た者ですが、まだ募集してますでしょうか?」  「え、少々お待ち下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・ザ、、、ザ、、ザザ、、、  ・・い、・・・そう・・・・だ・・・・・・・・」 

記事を読む

【洒落怖】ヤマノケ・・はいれたはいれたはいれたはいれた :隠れた名作・怖い話

俺の怒鳴り声にびっくりして起きたのかと思って娘にあやまろうと思ったら、娘が  「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」ってぶつぶつ言ってる。 

記事を読む

【洒落怖】井戸・・・蓋を開けてみることにした。 :隠れた名作・怖い話

Cの提案に賛成して、一番小柄だった俺が降りることになった。  桶の縄にぶら下がって降りていくと、意外と井戸が深いことに気付いた。上から三人が覗いてるのが見えるけど、すごく小さく感じた。  井戸の底には落ち葉がいっぱい貯まっていて、何故かどれも乾燥してなくて真新しかった。

記事を読む

【洒落怖】縦に並んだ顔・・体がない・・・ :隠れた名作・怖い話

自動車事故にあって鞭打ち症になったAさんは、仕事もできなさそうなので、会社を一週間ほど休むことにした。 Aさんは結婚しているが、奥さんは働いてて昼間は一人だった。 最初の数日は気楽だったが、さすがに3日目くらいになると暇をもてあましてきた。 それでもどこかへ出かけるには体がつらいので、家でじっとしていなければならなかった。

記事を読む

【洒落怖】『マネキン』 :隠れた名作・怖い話

14歳のころ、父を亡くした私は、母の実家に引っ越すことになりました。  母方の祖父はとうに亡くなっていたので、祖母、母、私と、女3人だけの暮らしとなります。  私は、親が死んだショックから立ち直れないまま、新しい環境に早急に馴染まなくてはいけませんでした。 

記事を読む

【洒落怖】『DQNと肝試し』 :隠れた名作・怖い話

5年くらい前の学生の頃、友達のKが肝試しスポットの廃病院に行こうと言ったので  友達、後輩の5人でパーティー組んで冒険しに行く事になった。  途中のコンビニで懐中電灯買って真夜中の廃病院へ入る。  たたずまいはなかなかのものだ。外に面しているガラスがことごとく割れている。 

記事を読む

【洒落怖】『クチャクチャ』 :隠れた名作・怖い話

昨年の夏、野郎3人で「出る」と言われている山奥の廃墟に行きました。  現場に着いたのは、午前12時過ぎだったと思います。当時、雨が降ってたの  でジト~っとしたイヤな雰囲気だったのですが、廃墟自体はそんなに大きく  なく、奇妙な体験もなく、何となく尻切れトンボな状態で探索は終わりました。 

記事を読む

スポンサーリンク