鉄道にまつわる怖い話、不思議な話★7 [無断転載禁止]©2ch.net

こちらもどうぞ





















引用元: ・鉄道にまつわる怖い話、不思議な話★7 [無断転載禁止]©2ch.net

2: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:11:31.92 ID:+b93DY0X0
秩父鉄道が東武鉄道と相互乗り入れを中止したのは、
過去に秩鉄が経営難になった際、秩鉄から「東武に買い取って欲しい」と申し込んだら、断られた
これ以降仲が悪く、西武の乗り入れを秩父市から打診されて快諾、ATS設置を機械に閉め出した



3: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:12:45.44 ID:+b93DY0X0

ちょっと前のことだが、JR新小岩駅のホームで変な男を見た。サラリーマン風の男は

「僕の腕知りませんかー」

「僕の腕知りませんかー」

とカン高い大声を上げながらホームを行ったり来たりしている。ちらほらとまばらにいる他の乗客は無視しているのか、男を見ようともしない。

左右どちらだったか思いだせないのだが、男は片腕がないようだった。スーツのアームホールがヒラヒラとたなびいていた。

5: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:14:05.33 ID:+b93DY0X0

男から目を離し、携帯を見ている間にどこかにいってしまったのか、男の声は聞こえなくなった。

電車到着の放送が流れ、ホームに向き直すと、耳元で

「知りませんかあ?」

男の顔が俺の顔のすぐ横にあった。俺は腰を抜かしそうになった。

パァーッと警報が響き、直後に電車がホームに入ってきた。よろめいた俺は白線の外に出てしまっていたようだ。一瞬のことだった。

しかし消えてしまったかのように男はいなくなっていた。男の吐息が耳元に残っている。絶対に気のせいではない。

回りの視線がちょっと気になったので、電車は一本見合せた。

ホームをよく見て回ったが、男の姿はなかった。以来その男は見ていない。

6: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:14:43.11 ID:+b93DY0X0

今日、電車に乗ってちょっと遠出した。で、買い物したり人に会ったりして、夕方に帰りの電車に乗ったときの話。

座席に座ってると、後ろから

「あーー」「あーーーーー」

って声がする。なんていうか、子供の声とおっさんの声の中間みたいな気持ち悪い声。

気になって振り向くと、2~3歳くらいの子どもをおんぶした若い女の子が座席で携帯いじってる。その子どもがたぶんあーあー言ってるんだけど、まったく気にもとめてない。

7: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:16:07.08 ID:+b93DY0X0

あやすとかしろよ…と思いながらも周りの人は無関心だし、気持ち悪いな、とは思いながらも特に気にしてなかった。

その若い女の子は途中の駅で携帯をいじりながら降りていった。

その時に気づいたんだが、私はてっきり子どもがおんぶヒモ?みたいなもので固定されてると思ってたんだ。

でも、その子どもは若い女の子の両肩に手をかけて、右肩にはさらにアゴをのせて、その三点で女の子にぶら下がっていた。だらーんって。

一瞬状況が飲み込めなくて、!!???ってなってしまったよ。一体なんだったんだろう…

なんかずっと気になって誰かに言いたくて書いてしまった。長文で失礼しました。

8: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:17:09.52 ID:+b93DY0X0

夜の9時頃、電車に乗っていた時、寝こけていたらしく、ハッとして目が覚めた。

向かい側の網棚の上に、スーツ姿のおっさんが横になっていた。おいおい、酔っぱらいかよ…とあきれて周りをうかがったけど、誰も気にしていない。

よく見るとおっさんは白目をむいていた。酔っ払いにしてもヤバくね?と思ったら、近くにいた女が大音量でキャーッ!!!と叫んだ。

周りがざわついて女を見たけど、すぐに迷惑そうに皆目をそらして興味を失っていった。

9: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:18:39.87 ID:+b93DY0X0

自分も目をそらしたら、おっさんが視界に入った。おっさんの目が真っ赤になっていた。瞳じゃなくて、眼球全体が血みたいに真っ赤。

女がもう一度キャーッ!!!と叫んだ。今度こそ皆、女を完全に無視した。おっさんの存在と女の叫び声で、変に心臓がドキドキしていた。

次の駅に停まって、乗り込んで来た人が網棚に荷物を乱暴に置いた。あっと思った時には、もうおっさんはいなかったし、女は叫ばなくなった。

時々思い出して、夜の電車が嫌になる。

10: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:23:41.71 ID:+b93DY0X0

三島-新富士の間の怪現象
確かこんな話だった。鉄道の怖い話、みたいな本で読んだと思う。

新幹線に乗った男が、トイレで席を離れ、自分の車両に戻ろうとしたら
ガラガラだった筈の車両が満席、通路まで人だらけ。自分の席にも
誰か座っちゃってる。どこにも停車してないのに、どうなってんだ?

訳が分からないまま、落ち着こうと煙草を1本吸って戻ったら
車両は元通りのガラガラ。この間、どこにも停車してない。

車掌にこの事を訴えたら
「またですか…列車が新富士と三島の間を通過する時に限って、たまにあるんですよ。
私の乗車した時に起きたのは初めてですがね」と渋い顔で答えられた



20: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 16:50:25.41 ID:8a0CeX5dO
>>10平行世界だーいいなー

11: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:28:40.09 ID:oGDmeQSi0
面白い。もっと読みたい。

12: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:30:27.41 ID:+b93DY0X0

信玄公旗掛松事件

大正3年12月に一本の老松が蒸気機関車の影響で枯れたことから、所有者の清水倫茂(しみずりんも)が大正6年に国を相手取り起こした損害賠償請求事件である

この松樹は武田信玄が軍旗を立て掛けたという伝承・由来のある「信玄公旗掛松」と呼ばれていた老松で、国鉄(現JR東日本)中央本線日野春駅(山梨県北杜市長坂町富岡)駅構内に隣接した線路脇に生育していたが、

13: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:32:52.96 ID:+b93DY0X0

老松の所有者(地権者)であった清水は、蒸気機関車の煤煙、蒸気、振動などにより枯○してしまったとして、一個人として国(鉄道院)を相手取り訴訟を起こした

信玄公旗掛松(しんげんこうはたかけまつ)と呼ばれた老松がかつて生育していた所在地は、山梨県旧北巨摩郡日野春村字富岡26番地(現、山梨県北杜市長坂町富岡)、今日のJR東日本中央本線日野春駅構内南東側の線路脇である

高さ約15メートル、木の周り約7メートルにおよぶ巨木であり、別名「信玄公旗挙松」、「信玄公旗立松」、「甲斐の一本松」などとも呼ばれた老松であった
ただ、武田信玄の時代よりも後世のものであることが、後述する裁判過程で国側の鑑定により明らかにされた。

14: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:34:56.21 ID:+b93DY0X0
しかしながら、見晴らしの良い丘の上に立つこの一本松は、古来から名の知れた名木であることに変わりはなく、甲斐源氏の祖である逸見清光(源清光)が、ここに物見櫓を置き、
戦が始まると、松に軍旗が立てられ農民兵を集めたという伝承が残されており、
武田信玄もまた、この松樹に「孫子の旗」を立て掛け目印とし、周辺の家臣、農民兵を集めたという話が、天明年間に著された加賀美遠清の『甲陽随筆』に見られるなど、古くからこの地域の人々にとって代々親しまれた名木であった。

15: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:36:31.36 ID:+b93DY0X0
このような由緒ある古木、名木に隣接した位置に鉄道を敷設するようなことは、自然保護、文化財保護等の理解が浸透した現代の感覚からすると考え難いことである。しかし現実に、信玄公旗掛松の根元から至近距離にレールが敷かれたことによって本訴訟事件は発生した。
院時代の日本における鉄道の役割は、国家目的の遂行、しかも国防上の目的という考え方が背景にあり、一般の人々にとって鉄道は国のもの、「国は悪をなさず」という考え方が強かった。
たとえば、明治42年、中央本線沿線の武蔵野市(当時の東京府北多摩郡武蔵野村)で蒸気機関車の火の粉によるボヤが生じ、被害者が鉄道院に補償を求めたところ、鉄道院はこれを全く受け付けなかったという

16: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:39:10.22 ID:+b93DY0X0
信玄公旗掛松事件は煤煙によって被った被害をめぐる煙害事件であり、今日で言う公害問題に属する事件である。
たとえば昭和44年から昭和49年にかけて、当時の国鉄が編纂した『日本国有鉄道百年史』という全19巻にもおよぶ詳細な書物の中でも、わずかに他の公害問題の箇所にこの事件が引用されているだけである。

17: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 13:39:59.90 ID:+b93DY0X0
信玄公旗掛松の所有者であった清水が、国を相手取り訴訟に踏み切ったのは、大正6年1月の甲府地方裁判所への提訴であった。
しかし、この提訴に至るまでの過程には、清水が国、鉄道院に対し、信玄公旗掛松への保全保護対策を行うよう要望する陳情を再三にわたり訴え続けたにもかかわらず、それが受け入れられず、ついに老松が枯○してしまったという経緯が背景にあった

19: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/02/18(土) 14:20:03.86 ID:aQYe+fcj0
鉄道会社本気になると怖いからね、しょうがないね ちなみにずいぶん前、渋谷で西武線で体育座りしてうずくまってた客を引きずり出してた光景なら見た事ある



247: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/08/03(木) 14:04:17.04 ID:bvVazQfX0
>>19
渋谷に西武が走ってる世界があるんだな

248: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2017/08/03(木) 14:44:49.20 ID:Ws6UnpB10
>>19
>>247
たぶん西武の車輪なんだろうが、
それは回送になるやつに乗り続けて意地でも出なかったとかなのか?
旧渋谷駅出たくないはあまりにも有名すぎるけど。