【長編】幼少から続いてる恐ろしい体験を話す【4/10】

こちらもどうぞ





















引用元: ・幼少から続いてる恐ろしい体験を話す

63: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:21:08.57 ID:H74f5dFw0

俺「そんな・・・」
もう現実世界にC菜が現れて、俺達を連れて行くのを待つしかないのか・・・。

D子「これ・・・」
D子が何かをポケットから取り出し、俺達に手渡した。

俺「何だ・・・これ?」
渡されたのは、小さな小さなお守りだった。

D子「こんなんじゃ防げないと思うけど」

俺「あ、ありがとう」

A男「・・・・・・・」

D子「あまりにも恐ろしい念なの、多分これじゃ限界が来ると思う」
そう言い残して、D子は教室を出て行った。

64: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:21:44.33 ID:H74f5dFw0

教室から出て行ったD子をA男が追いかけたものの、D子はもう廊下に居なかった。
俺「何だったんだろう」

A男「さあ・・・」
突然現れて俺達にお守りを渡したD子、そのお守りも、俺の掌の3分の1程度の大きさだった。

A男「こんなんで防げるのかよ・・・」

俺「分からない、でも信じるしかないよ」

藁にもすがる思いだったが、俺はその効力を信じて枕下にお守りを置いて寝た。

しかし、その日、俺は夢を見てしまった。

65: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:22:01.47 ID:c15v/8ZH0
怖い、でも悲しい

66: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:22:28.25 ID:H74f5dFw0

だが、今までの夢とは内容が違った。

気が付いた時には、既にC菜が目の前に居て、俺を見据えていた。
眼球が無いので、表情は伺い知れないが、明らかに今までとは雰囲気が違う。

C菜「・・・・・・」
C菜が何かを言っている

C菜「・・・ない」

C菜「ゆるさな、い」

俺「!!!!!!!!!!」
その瞬間、俺は夢から覚めた。

67: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:23:01.76 ID:H74f5dFw0

俺「はあ・・・はあ・・・・はあ・・・・え?」

ふ、と枕もとのお守りに目をやると、お守りに小さなひっかき傷のようなものが出来ていた。

それ以来、小学生の間、C菜が俺の夢に出てくることはなかった。
もちろん、外泊をする際は、お守りを持ち出していたことは言うまでもない。

68: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:23:34.86 ID:H74f5dFw0
こっから先にまた何かが起きるのは、俺が高校生になってから
こんな駄文に興味がある人がいたら書く。

69: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:24:13.14 ID:hcL9rWiN0
興味あるぜよ

70: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:25:45.93 ID:c15v/8ZH0
もうやめ…いや続けてください

71: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:25:48.92 ID:hvxsRKW40
よんでるよ、続き待ってる

72: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:25:49.58 ID:H74f5dFw0
分かった、じゃあちょっと待ってて

73: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:27:32.22 ID:VcQ2pq690
こえええ

74: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:31:29.69 ID:H74f5dFw0
お待たせ、続けるね

75: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:32:24.96 ID:H74f5dFw0

それからは、中学時代は何事もなく時が過ぎていき、無事に高校に入学した。
A男とは疎遠となり、D子は小学校5年の時に何処かに引っ越していった。
高校生活も、初めて彼女が出来たり、初体験をするなど、中々に充実した生活を送っていた。

そんな生活に陰りが見えたのは高校2年生の春。

76: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:33:06.25 ID:H74f5dFw0

彼女「ねえねえ、加奈子さんの噂って知ってる?加えるに奈良の奈に子って書くの」

俺「は?何それ」

彼女「夢でね、加奈子さんっていう女の子が現れて、○者の世界に連れて行こうとするの。寂しい寂しいって言いながら手を引っ張って来るんだって。」

俺「ふーん」

彼女「その子ね、目と歯が無くて、真っ黒な空洞なんだって!」

俺「う・・・」
一瞬、まさかC菜のことかと思ったが、C菜は加奈子なんていう名前ではない

彼女「で、それを拒否し続けると、こっちの世界にやって来て直接連れて行こうとするんだって!」

俺「くだらない話だな」

彼女「あ、信じてないでしょ!」

俺「よくある単なる噂でしょ」
どうせ、どこにでもある都市伝説の一つだろう、気にも留めなかった。

77: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:33:57.66 ID:H74f5dFw0

そんなある日

友人A「なあ、俺、加奈子さんの夢見ちまったんだ・・・」

俺「は?」
聞いてみると、俺が前に彼女に聞いた加奈子さんの夢を友人が見てしまったらしい。

俺「気にすんなって、どうせ怖い話し聞いちまったから夢で出てきただけだよ」
この友人Aは凄く良い奴なんだが、かなりのビビリなのだ。

友人A「そ、そうかな」

俺「そうだって、あんまり深く考えるなよ」

友人「そうか・・・」
しかし、本当のことを言えば、俺は妙に引っかかりを感じていた。

78: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:35:18.87 ID:VcQ2pq690
マジで怖いっての
誰か話そうぜ

79: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:35:32.60 ID:H74f5dFw0

その晩、俺は悶々と噂のことを考えていた。

小学生以来、何年も見ていない夢、それとそっくりな内容の夢が噂になっている。
真実かは分からないが、友人は実際に見てしまったとまで言っている。

俺「そうだ!お守り!!」
俺は常に枕下に入れておいたお守りを確認した。

俺「・・・・・え?」
お守りは確かにそこにあった。しかし、既にお守りの体は成していなかった。
お守りは、引きちぎったように二つにされており、赤い液体が付着していた。

俺は、顔面が真っ青になりお守りを放り投げた。

俺「ど・・・どうして」
その日は一睡も出来なかった。

80: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:36:46.25 ID:H74f5dFw0

翌日、俺は生きた心地のしないまま学校へと向かった。

そして学校の休み時間
俺は昨晩のショックが抜け切らず、頭を抱えていた。

どうしてお守りがあんなことに?
中学の時は何事も無かったのに何で?
もしかして加奈子さんの噂と関連があるのか?
疑問は尽きない。

81: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:37:28.62 ID:H74f5dFw0

クラスメートA「加奈子さんの噂って知ってる?」

クラスメートB「知ってる知ってる!」
俺は一瞬ビクッとなったが、クラスメートの会話に耳を傾けた。

クラスメートA「連れていかれるって噂だけど、B組のAさんは夢を見たって言ったっきり学校に来てないんだって!」

クラスメートB「こわーい!!」

俺「俺にもその話し、聞かせてくれないか」

クラスメートA「えっ」
突然の俺の登場に面食らった様子だったが、聞かない手はない。

クラスメートA「でも俺君ってそういうの信じないんじゃなかったっけ?」

俺「うん、でもまあ、ちょっと気になって」

クラスメート「ふーん、まあ良いけど」

こうして俺は、加奈子さんの噂の内容を聞いた。要約するとこうだ。

82: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:38:07.66 ID:H74f5dFw0
1、名前は加奈子さん
2、噂を聞いた人の夢に現れる
3、中学生か高校生くらいの女の子
4、長髪黒髪でチェックのシャツにスカートを履いている
5、眼球が無く、真っ黒であり、歯も舌もない
6、手を引っ張って連れて行こうとする
7、何日も夢を見ると、現実に現れて連れに来る

83: 名も無き被検体774号+ 2013/04/30(火) 01:38:33.95 ID:mUYIaaoF0
寝る前に開いたのが、まさかのオカ板

まず、C菜は加奈子なんて名前じゃない、更にはクセっ毛のC奈と比べて容姿がかけ離れている。 仮に加奈子さんの夢が俺の見ていた夢と同じだとしても あくまでC菜は俺とA男を連れて行きたいのであって、他人の夢に現れる意味が分からない。
絶句する俺、その様子を見て写真を見たA男も絶句する。 C菜の母親に向けてピースサインをする俺とA男、そして真ん中のC菜 しかしC菜には、眼球がなかったのだ。そう、夢と全く同じ。