【洒落怖】百物語・二十五本目 ハブが来た:百物語本スレ【怪宴】

こちらもどうぞ





























80: 代理投稿 ◆nqnJikEPbM.8 2012/08/18(土) 22:39:15.72 ID:HvFrBJMW0

わたくし ◆Zdj8zv6ZTc 様 『ハブが来た』

(1/2)

帰省したのち、親戚一同が集った夜のこと。
わたくしに振られる話題と言えば「お仕事はどう?」だの「嫁こはまだか?」だの。
お得意の営業酒をしながら、ああ息苦しいと喫煙のために席を外しました。

わたくしの郷里は岩手県某市の山中にあり、陽が落ちれば家の明かりのみが頼りで。
開発の流れから少し置き去りにされたような、まあ、寂れた場所でございます。

酒宴の喚声と、エンマコオロギの鳴声とを聴きながら一服していると、

「疲れちゃった?」

と、背中越しに女性の声があります。母でありました。
今年で五十を数える方で、思えば苦労ばかりを掛けて来たわたくしで……。

「あんたが帰って来たのも久しぶりだからねぇ」

母が来たのだからとわたくしは煙草を揉消そうとしますと、

「駄目々々。煙草は消したらいけない」
「え、だってお母さんは煙草吸わないだろう?」

引用元: ・【8月18日】百物語本スレ【怪宴】

81: 代理投稿 ◆nqnJikEPbM.8 2012/08/18(土) 22:40:22.92 ID:HvFrBJMW0

(2/2)

怪訝でありました。吸うのも良いけど程々にしなさい、が母の常であったもので。
ところがうっすらと眉根にしわを寄せた母がポツリと言うには、

「ハブが来てるから点けたままにしなさい」
「はぶ? 蛇?」

ハブが煙草の煙を嫌がるとは聞いた事がありませんでしたが、

「嫌われてるって意味ではおんなじよ。でも、ほら、御盆だからねぇ」

このことで蛇とは違うハブが来ているのだと分かりました。
御盆時には地獄の釜の蓋が開くと申しますが、そのような者なのでしょう。

「……この時期は嫌だね。怖いことばっかりだ」
「だから、あんた、帰ってこないんでしょう?」

正直なところ、まさしくその通りでありました。
言いながら、わたくしの視界の隅に黒と緑が合さった斑模様の、何ともいえない異形の、
ぬめぬめとヒルのように蠢く物体が地面をのたうっておりまして……。

「嫌だ。うん、帰ってくるなら冬が良いよ」

いつもより長く吸い込んだ煙を、下向きに吐き出してやったものです。

【了】

82: 月明 ◆vQGKKdpBnE 2012/08/18(土) 22:40:45.50 ID:zKNb9dnH0

二十五本目の蝋燭が消えました・・・
わたくし ◆Zdj8zv6ZTさん、ありがとうございました
γ

_ノ


__
,、'”   .  `’ 、
i`ー  _    ’,
.             l| !|      i””!|
}: }i    |{  !j
〈| ‘J |!   }j  :}
_ノ;し  i}  {J  |
,、-,、’         ハ- 、
( .( ’、_    _ ,ノ  ノ:i   )
,、'””`ー—‐'”フ、_ - _,、’ -‘”
(  _   ,、'”    ̄
`ー–─'”

雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQさん、第二十六話をお願いします
—————————————————–
語り部希望は【語り部受付スレ】で、
雑談と感想は【雑談スレ】で、
規制中の方は【避難所】でお願いします。