【洒落怖】百物語・五本目 通り道:百物語本スレ【怪宴】

こちらもどうぞ






























20: ダメレオン ◆aKQ2SJ2lbM 2012/08/18(土) 21:29:01.73 ID:n4Eb4PA50

第5話 「通り道」

蒸し暑い夏の夜 、窓を 全開にしていた。
窓の外1メートル先には隣家の白い柵があり、朝顔の蔦が絡まっている。その柵の後ろには白い塀があった。
窓の前に置いたテレビを見ていると、視界の隅を何かが横切った。
視線を移すと、隣家の柵の後ろを黒いナマコのようなものが移動していた 。
驚いてよく見るとそれは黒猫だった。
それだけだったら平凡な風景だったのだが、その黒猫は忍者服を着ていたのだ。黒猫に黒い忍者服。

隣家が新たに飼い始めた猫なのだろうか?
近辺で黒猫を見掛けたのは初めてだった。
飼い主のエゴであんなもの着せられて可哀想だなと思ったのだか、可愛いいのも事実である。
黒猫は悠々と塀の上を歩き、闇に消えていった。

翌日、あの猫にまた会いたいなと思った僕は、お菓子タイプのキャットフードを買った。
夜になって、 隣家の人に見つからないように窓 から上半身を乗りだし、手を伸ばして、柵の後ろの白い塀の上に、 キャットフードを置こうとして気が付いた。

それは塀などではなく、厚さ数ミリの白いプラスチックボードが、柵に立て掛けられているだけだったのだ。
その後、あの猫を見掛けることはなかった。

【終わり】

引用元: ・【8月18日】百物語本スレ【怪宴】

21: 動画 ◆ElPl8xGQc2 2012/08/18(土) 21:29:51.60 ID:9cScHy9v0

五本目の蝋燭が消えました・・・
ダメレオン◆aKQ2SJ2lbMさん、ありがとうございました
γ

_ノ


__
,、'”   .  `’ 、
i`ー  _    ’,
.             l| !|      i””!|
}: }i    |{  !j
〈| ‘J |!   }j  :}
_ノ;し  i}  {J  |
,、-,、’         ハ- 、
( .( ’、_    _ ,ノ  ノ:i   )
,、'””`ー—‐'”フ、_ - _,、’ -‘”
(  _   ,、'”    ̄
`ー–─'”

何でも◆3/OAb1.6.2さん、第六話をお願いします
—————————————————–
語り部希望は【語り部受付スレ】で、
雑談と感想は【雑談スレ】で、
規制中の方は【避難所】でお願いします。

スポンサーリンク